2012-07-28

ライトはそこにはいない

現地27日からトレーニングキャンプが始まります、楽しみなポジション争いもあり非常にワクワクするんですが今年のドラフト1巡指名のケンドール・ライトがまだ未契約なので練習に参加できません。1巡指名でまだ未契約なのはMIAのタネヒル、JAXのブラックモン、そしてライトの3人です。オフに飲酒運転を起こしたブラックモンが揉めるのはしょうがないとしてなぜ20位指名と上位じゃないライトがここまで揉めるのか、番記者のJohn Glennon さんが原因を書いてくれてるので紹介します。ただグーグル翻訳にぶち込んで出てきた文章から推察してるので間違ってる所があれば指摘してもらえると助かります。

Tennessee Titans' Kendall Wright remains unsigned

新労使協定で1巡指名の選手は4年契約になりライトの順位なら最初の3年間の契約はほぼ全額保証されるだろうとのこと、問題は4年目の金額も保証するかどうか、ここで揉めてるんだろうと推察されてます。なぜライト側は4年契約全保証に強気で出るのか、ここで出てくるのが去年の1巡20位で指名されたTBのDEクレイボーン、この選手が去年契約を結んだ時全額保証を受けたそうです。この先例があるのでライト側は自分も4年全保証を主張しているのでしょう、ただ問題なのは去年の1巡16位~32位の間で全額保証を受けたのはクレイボーンただ一人、今年の同じ順位でも全額保証を受けた選手はいません。

双方の主張を要約すると
ライト側
「去年同じ順位で指名されたクレイボーンが4年全額保証してもらってるんだから俺も頼むよ~」

チーム側
「去年の16位~32位で全額保証されてるのはクレイボーンだけ、今年もその順位で全額保証されてる奴はいないじゃん。クレイボーンは特殊なケースだよ!」

う~んFAとか後手後手の動きを見せられてあまりフロントのことは好きじゃない(ウェブスターGMになってから多少良くなっている)けど今回はチーム側の意見に同意でしょうか・・・さすがにクレイボーンとたまたま同じ順位だったからって全額保証しろやって言うのはハァ?という感じがします。ライトより順位の高い選手が全額保証されてない人もいるからライト側が折れない限りは決着しない予感・・・

前の記事でも書きましたがオフにブリット常習犯の本領発揮で怪我とは別に出場停止の可能性もあります。なのでライトはドラフト当時より出番が多くなると予想されていますがOTAで怪我をしてミニキャンプを欠席する事態になりました。ただでさえルーキーにとってトレーニングキャンプはチームの戦術を学ぶ大事な時、去年ホールドアウトでキャンプを全部欠席したCJの惨状を見ればいかにキャンプが大事か分かります。一刻も早くライトには契約を結んでもらってフィールドに来てほしいですね。毎日契約ニュースを待ちわびてるのでだんだんライトへの好感度が下がってきてるのは内緒・・・
スポンサーサイト

コメント

ドラ1

ちょっとがっかりですよね。 ケンドール君。
チーム事情的には欠かすことのできない存在になってるわけで、
ここはラストンGMの腕の見せ所です。
早期決着を望みます。

No title

コメントありがとうございます。
出遅れましたがなんとか契約できて一安心です、これからの彼に期待しましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/12-ef5b3a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground