2012-08-02

ケンドール・ライト契約完了!&リターナーは誰に?

ドラフト外からチームのキャンプに参加していたO.J.マードックが亡くなりました、自殺だそうです。
キャンプ初日から個人的な理由ということで欠席していたそうですがまさか自殺するとは思いませんでした。
まだ若い選手なので本当に残念ですね・・・

前の記事でも取り上げたライトの契約問題ですが現地31日に4年契約で合意したそうです。結局4年の全保証は無理だったそうですがキャンプをすでに数日無駄にしているので契約出来たことに一安心です。現地水曜は練習はオフで木曜から参加するそうですが番記者によると新労使協定上の決まりで途中参加のライトも他の選手と同じように最初はパッドをつけない状態から練習しないといけないみたいです。なのでみんなと同じようにパッド有りで練習出来るようになるのは土曜からだそうで。

何回も言いますがブリット常習犯は怪我&警察沙汰のせいで開幕から数試合出れない可能性が高いと思います。なのでドラフト当時よりライトにかかる期待の高さは段違い、急いでみんなに追いついて1巡の能力を存分に見せて欲しいと思います。

これだけじゃ短いので今シーズンのリターナーについて少し。現在の公式サイトのデプスチャートではリターナーの順番はこうなってます。

1 マーク・マリアニ 2 ダミアン・ウィリアムズ 3 ケンドール・ライト

マリアニはルーキー年にリターナーとしてプロボウルに選ばれる活躍をして指名する前年リターナーに苦しんでいたTENの救世主になりました、KRの通算平均は24.8ヤードでTD1回、PRは11.2ヤードでTD2回を記録しています。リターナーとしては文句無しのマリアニですがレシーバーとしては2年間で5キャッチ24ヤード、期待はできません・・・

2番手のダミアンはレギュラーシーズンでのリターン経験は無いもののプレシーズンではリターナーを務めてTDをしたこともあります。USC時代、現NYJのQBサンチェスのターゲットとして活躍してた彼ですが動画を検索すると結構良いリターンシーンも出てくるのでこの人に任せても問題は無いと思います。

3番手のライトはどうなんですかね、動画検索しても出てくるのはWRとしてのプレーばかりでリターナー務めてるシーン見ないんですがフロントは彼のスピードを活かすためにリターナーをやらせることも考えてると思います。

53人の開幕ロースターのうちWRの登録人数は多くて6人、少ないと5人でしょうか・・・ブリット、ワシントン、ダミアン、このオフ契約延長したホーキンス、ライト、マリアニで6人です。しかしライトが入ったことでスペシャルチームでしか期待できないマリアニの立場がもしかしたら少し悪くなったかなと、ただブリットがあんな感じなのでなんだかんだでマリアニもロースターに残ると思います。元プロボウラーですしチームの苦しいリターン事情を解決してくれた選手ですしね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/13-4f750959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground