2015-03-11

2014シーズン回顧&15シーズン展望 S&ST編

狙っていたPHIのLBグラハム&CBウィリアムズに振られ補強失敗、キャップはあるのにここまでSTコンビの2人と再契約しただけなのは悲しい、まぁ数時間後には正式にFA開始なので大人しく待つ。NEのCBブラウナーがツイッターでTENの公式アカウントをフォローしたので淡い期待を持たずにはいられない…時間が無いので今回はSとST編まとめて。



・14シーズン回顧

マイケル・グリフィン
16試合16先発 112タックル 3サック 5PD 2INT FF0回

バーナード・ポラード
5試合5先発 27タックル 1サック 1PD 0INT FF0回

ジョージ・ウィルソン
16試合10先発 73タックル 1サック 4PD 1INT FF0回

ダミアン・スタッフォード
15試合0先発 32タックル 1サック 2PD 1INT FF0回

マーキストン・ハフ
14試合1先発 18タックル 1サック 2PD 1INT(1TD) FF0回

グリフィンとポラードの先発コンビに控えのウィルソンがいる構図は13シーズンと変わらず、しかしポラードが早々に怪我でIR入りしたためウィルソンが先発へ以降、負けが込んだ終盤はスタッフォードやハフの出番がちょこちょこ増えてた。3-4守備でホートンがDCになったせいかDBブリッツを多く使うシーンがあったためかみんな1サック以上。

グリフィンは全試合に先発出場、長くTENのFSを守ってるがやっぱり衰えが隠せない状態になってると思わせる14シーズンだった。パスカバーもそうだし何よりラン守備でプアなタックルミスが目立ち後ろを任せるには頼りない。怪我に強いのだけは救いか、3-4守備でDBブリッツが増えたため13シーズンまでに記録した3サックを14シーズンだけで同じ数稼いだ。

ポラードは再契約して今シーズンも先発に、S陣では一番タックルに信頼が置ける選手だと思ったけどまさかの怪我でそのままシーズンアウト、少し前の記事に書いた通りシーズン終了後に解雇要求してそのまま解雇。

控えにいてくれると安心だったウィルソンが上記の通りSSが空いたので先発へ、BUF時代も先発経験は豊富なのでルーキーみたいな凡ミス連発は無かったけどポラードに比べるとインパクトにやっぱり欠けてた。今オフ2年契約満了でFA。

2年目のスタッフォードはSTに参加しつつSSとしても出番を少しだけどもらえてた。6-1のサイズからハードヒットが魅力なんだけれども狙い過ぎてスカすこともしばしば、パスカバーもまだまだ向上の余地があるので要修行。

ルーキーのハフは入団当初CBとSどっちもいける風に扱われていたけどいつのまにかSに固定されたみたい。出番が少ない中でNYG戦でのpick6はスクランブルすると見せかけてアンダーゾーンに投げたパスをしっかりキャッチした見事なものだった。

・15シーズン展望
先発は契約が残ってるグリフィンだけが確定、ただグリフィンも衰えてるのでFAであわよくばマコーティ弟を獲得してグリフィンと変えれないかと思っていたんだけど残念ながらNEと再契約したのでこれは叶わず。SSに至っては完全に空きが出てるのでスタッフォードとハフで争うのかドラフトかFAで補強するのか、FAだと現時点でBUFのシアシーに興味を抱いてるらしい。ドラフトならアラバマ大のコリンズが1巡候補のSSだけど2位では高過ぎるし2巡じゃ取れないだろうと思うので断念。安心して後ろを任せれるS陣をどうにか構築出来ないものか…

次はST編。

・14シーズン回顧

Kライアン・サコップ
16試合0先発 22回中19回成功 成功率86.4% 最長51ヤード 1~19ヤード 0/0 20~29ヤード 5/5 30~39ヤード 7/7 40~49ヤード 5/8 50ヤード以上 2/2

Pブレット・カーン
16試合0先発 88回 アベレージ46.8ヤード ネットアベレージ40.6ヤード インサイド20 28回 ブロック 1回

LSボウ・ブリンクリー
16試合0先発 スタッツ無し

PとLSは変わりなし、Kはキャンプでボナニとクーンズが争うもののボナニはキャンプから不調でカット。個人的にはクーンズ推しだったんだけどもKCをカットされたサコップを最終的にKとして選んだ。

サコップは22回蹴って19回成功の成功率86.4%、蹴った回数が少ないとはいえキャリアハイの成功率を残した。外した3回の内、2回はCIN戦、1回はNYG戦でそれ以外は全部成功。シーズン終盤は50ヤード以上も決めて中々安定した内容だった。問題はキックオフのパワーがあまり無いこと、リターンアベレージ28.4ヤードはちょっと…(カバーの問題もあるけど)FGに関しては文句の無い出来だっただけに惜しい、1年契約だったので今オフ再びFA。

カーンはオフェンスの低迷もあって88回とかなりの数を蹴りこんだけどネットアベレージ40.6ヤードはリーグ6位タイと立派。もう少しインサイド20が増えればなお良し。

ブリンクリーはスタッツが無いのでPFFを見たけどマイナス評価だった。確かにシーズン序盤スナップが乱れることはあったけど致命的なミスは無かったと思うのでまぁ普通ということで。

・15シーズン展望
先日お伝えした通りカーンとブリンクリーは揃って5年契約と大型契約をゲット。余程のことが無ければPとLSはしばらく安泰のはず。Kはサコップとの再契約に動いてるというニュースが無いので別の人狙いなのか、最後にカットしたクーンズはすでにCLEのロースターに入ってるので誰を狙うのか見当がつかない。ボナニだけは勘弁してね…。

最後は駈け足になったけどなんとか全ポジションの回顧&展望終了。FA解禁数時間前にやっと終わるのは計画性の無さの表れだなぁ…FA開幕初日どんなニュースが聞けるか楽しみ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/146-9296b0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground