2015-09-04

プレシーズン Week3 VS KC レビュー

一番本番に近いWeek3は目を覆いたくなるような内容、シーズンに不安を抱かざるをえない試合だった…。



試合は10-34で敗北、特に守備は文句を言いたくなるような出来でまったく相手を止められず。


・オフェンス
・この試合のマリオタは7/11の99ヤードTDINT共に無し。最初は3回くらいパス失敗でこれはまずいと思ったけど慌てず修正してきたのはさすがだった。今回もプレイアクションからのロールアウトでロングパスを通す場面もあったし相手のプレッシャーが届く前にパスを通したりとTDパスは今回も無かったけどTDドライブは演出したのでOK。本番まで良い具合に準備を整えてるのではないだろうか。

・強力KC守備だけあってランをコンスタントに出すことは出来なかったけど完封された訳でもなかった。マクラスターが5回37ヤード、マリオタがプレシーズンで初めてリードオプションから走ってFD更新する場面も。

・OLは2戦目と同じメンバー、シーズンもこのメンバーで挑むのはほぼ確定。

・プレシーズンここまで目立ってなかったWRライトが3回60ヤードと活躍、上記に書いたプレイアクションからフィールドを横切るルートでロングパスをキャッチしたりショートで受け取ってからRACで相手選手を交わしてヤードを稼いだり。投げ手がしっかりすれば活躍出来る選手なのは間違いないのでシーズンも期待。


・ディフェンス
・ファーストチームはアスミスのパスをほぼ通される始末、まるで初戦のATL戦でライアンにやられたのをそのまま見てる気がした。ブリッツは届かない、プレッシャーかかっても捕まえる前に投げられて通されると何をやってもボロボロだった。主力のCBマコーティが帰ってきてこれが劇的に改善されるんですか、1人復帰しただけでは無理だろうなぁ…

・タックルミスが非常に目立っていた、特にLBブラウンは3回くらいあって後日ウィズに名指しされるくらい酷かった。いくら怪我明けでもあれはさすがに酷過ぎる、まぁTENのタックルミスの酷さは今に始まったことじゃないんだけども。


正直来年のドラフトを考えようかなと思うくらい悲観する内容だった。まだプレシーズンって思う人もいると思うけどさすがに限度ってもんがある。STL戦の守備が良かったのは相手のオフェンスがまずかっただけの可能性。今のところルーキーのマリオタが率いるオフェンスよりも守備の方が不安満載。ルボーさん加入が最大の補強と思っていたけどあいつがDCに居座ってるので改善見込めないのも覚悟してたけどどうやらその通りになりそう…まぁ今年はマリオタという楽しみがあるので試合見るモチベは保てるのが救いだね。

怪我組はNTヒルが手術して開幕に間に合わないそうで。控えのヒルは良いプレイをここまで見せてたので先発でも頑張って欲しい。

そして最初のロースターカットが行われほとんどが予想通りだったけどCのベラスコもこの中に。CとGが出来るベテランをここでカットして誰を控えで残すのか気になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/162-b6a69408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground