2015-11-30

2015 Week11 VS JAX レビュー

タイタンズの今シーズン唯一のプライムタイムでの試合はなんともしょっぱい試合に…。



試合は序盤からお互い守備が奮闘してどちらもTDを奪えずFG合戦、前半は結局2本のFGを決めあって6-6で折り返し。後半相手にFGで勝ち越されるとこちらがマリオタのTDランで逆転、しかし相手のパントリターンでビッグゲインが飛び出しエンドゾーン手前からオフェンスを開始されると踏ん張っていた守備も堪えきれずついにTDを許して13-16と逆転、そのままこちらは点を取ることが出来ず最後にFGで追加点も取られ試合終了。


・オフェンス
・マリオタは22/35の231ヤード0TD0INT、ラン5回29ヤード1TDだった。ランの援護があまりなく頼れるレシーバーもTEウォーカーのみとオフェンスの幅が狭くドライブを進めるのに苦労していた。TDのランはリードオプションで自慢の快速で一気にエンドゾーンまで走り抜いたもの、オレゴン時代によく見た光景でパサーとして育てるのは賛成だけどこういうランもどんどん混ぜていくべき、ただでさえオフェンスは不調なんだから…。

・相変わらず活躍出来ないWR陣、どうもDGBはまだマリオタと呼吸が合わないのかチグハグなシーンが多かった。まだまだエースWRへの道は遠そう。そんな中でTEウォーカーはレシーバーとして相変わらず孤軍奮闘、8回109ヤードと完全にマリオタのホットターゲットと化した。

・この試合は相手守備のプレッシャーが強く4サックを許す結果に、この不安定なOL陣を一刻も早く安定させたいけど今シーズンは無理そうなのでせめてマリオタが怪我しないぐらいには頑張ってくれ。


・ディフェンス
・この試合で守備はパントリターンからのビッグゲインでエンドゾーン前からオフェンスを開始されるまでFGしか許してなかったし内容自体はかなり良かった。ファンブルリカバー、INTとターンオーバーも奪ってたしもう少しオフェンスが頑張っていれば…

・パスラッシュの好調は続きこの試合も4サック、ILBのウッドヤード&ウィリアムソン、OLBオラクポとDEケイシーがそれぞれ1回ずつ。オラクポはこれで7サック、二桁サックに間に合うだろうか。

・エースCBマコーティがIR入りしたのでセンサボーがスターターに入っていたけどWRロビンソンにやられてしまった。時折無茶投げに見えるようなパスもあったけどそれをしっかり取るロビンソンもさすがだった、HOUのホプキンスといい同地区に良い若手WRが増えてきたなぁ…そんな中でCBリッグスはナイスカバーを見せてこの人先発で使ってみて欲しい。


そろそろ連敗中特有の書くことが無くなってくる症状が出始めた…次のOAK戦はLGにドラフト外のスペインを起用するらしいのでそこが楽しみな所か、とりあえずニッサンスタジアムで早く1勝して欲しいもんだけどどうなるか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/181-7b944945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground