2016-05-03

2016年ドラフト3日目の指名

当日を逃すと更新するタイミング見失いそうになる、3日目に指名された選手達はこちら。



5巡140位 WR Tajae Sharpe(マサチューセッツ)



6-2とそこそこのサイズを持つWR、ただその割に体重が軽いのでひょろっとした印象が強い、15シーズンは111キャッチ1319ヤード5TDとエースレシーバーとして活躍。ただ所属カンファレンスがマイナーなのでこの人もどうしても実力に疑問符が付きトップレベル相手にどこまでやれるかというのがある。取りあえずプロではもう少しバルクアップして体を強くして欲しい。コンバインでの40ヤードダッシュは4.55、まぁ普通レベル…。


5巡157位 CB LeShaun Sims(南ユタ)

ハイライト動画が見つからなかったので動画は割愛、サイズは6-0で15シーズンは54タックル2INT10PBで所属しているカンファレンスBig Skyのファーストチームに選ばれている。トレードアップしてまで指名したんだからチームは結構気に入ってるのかも、FAでCBは補強してたのでベテラン組とロースター争いを勝ち抜く所から。


6巡193位 OG Sebastian Tretola(アーカンソー)



6-4で320ポンドの大型OG、SECのファーストチームにも選ばれており売りはパワフルなランブロック。反面パスプロはそこまで高評価じゃなく15シーズンは4サック許して4QBヒット6QBハリーだったそう。ウォーマックの逆サイドのGが空いてるのでベルやポタシー、スペイン達と先発争いをする予定。


7巡222位 OLB Aaron Wallace(UCLA)



6-3のOLB、現在TENでLBコーチをしているスパノスコーチがUCLAでDCをしていた時に指導していた選手で多分そこからの繋がりで指名されたんじゃないかと予想。15シーズンは7サックを決めたが活躍したのは実質この1年だけなのは伸びシロありと見るか偶然の活躍と見るか。


7巡253位 CB Kalan Reed(南ミシシッピ)



今ドラフトで最後に指名されたMr.Irrelevant。PFFではこの選手を2~3巡評価でCB全体で6位と高評価をつけていたけどPFF信者を公言していたGMが最後に指名してきた。ハイライトを見ると普通に良いカバーも見せるしここまで落ちるような選手には見えないんだけど何か別の問題でもあるのか、フィールド外では問題児とか。15シーズンは56タックル4INT19PB、19PBって中々の数字だし思わぬ拾い物と化してくれるを祈る、シムズと一緒にマッケインやブレイクらベテラン達とロースター争いへ。


以上2016年ドラフトで指名された選手達の紹介でした。10人指名してオフェンス4人、ディフェンス6人、ぶっちゃけ1巡のコンクリン以外はみんな開幕控えの可能性もある。2巡で指名したOLBドッド、DTジョンソン、RBヘンリー、3巡で指名したバイアードが来年以降先発でも活躍出来るように今シーズンはローテーションの一員としてプレイに参加し経験を積んでくれればいいなと思う。

もちろん今の先発組からいきなり先発の座を奪ってもいいしキャンプから激しい争いが見れそうで楽しみ、今年の指名選手達を礎に数年後SB制覇が見れるといいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/215-0ad48188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground