2016-08-17

WRドリアル・グリーンベッカムをトレード放出

プレシーズン初戦のレビュー書かなきゃと思ってたらこの時期にまさかのビッグトレード、新政権の考えは如何に。



TENは2年目のWRDGBをPHIにトレードで放出、見返りにOLのデニス・ケリーを獲得した。DGBはルーキー年の去年、32キャッチ549ヤード4TDとそこそこの活躍を見せて2年目の今年ブレイクが期待された選手だった。

ところがキャンプからDGBに関しての情報で良い物はほとんど無く逆にコーチから苦言とも取れるアドバイスをもらうなどコーチ陣からの評価は高くないことがひしひしと感じられていた。安定感が無いというコメントが度々あったけど練習から真面目に取り組んでいなかったのかもしれない、この前のSD戦でもDGBのメンタルミス(ルートを全力で走らない、ディープボールを早々に諦める)にコーチ陣は相当ストレスがあったらしくそれがトレードを決断する引き金になったのかなぁと思った。

実際発表されたデプスチャートではルーキーのシャープがファーストチーム入りする中でDGBは控えに追いやられてたしAJやマシューズを獲得したことでDGBがいなくてもいいと判断したのか。SD戦ではシャープが活躍し実戦でも良かったのがまた何とも、DGBが比較されてもしょうがない。

ムラーキーはこのトレードにメッセージ性は無いと言ってたけど真面目に取り組まなきゃ2巡指名の2年目選手でもこうなるぞと他の選手は目の当たりにしたわけで特にDGBと同じく苦言を呈されたことのある同じWRのハンターは尻に火がつけばいいのだけれど。このトレードでDGBのスポットが空きポジション争いも激化するはず。AJとダグラスのベテラン両生き残りも充分あり得るかも。

で、獲得したケリーについてDGBを差し出してもらったのが控えのOL選手なのが少し残念だけどこの補強自体は納得出来るもの。以前の記事で触れた通りC以外どこでも出来るベテランのベルがIR入りしマティアスも最近大怪我してしまったためOLの控えが大変まずいことになってた。ファイナルカットで他所から拾ってくるのが一番だと思ったけどその前に獲得して来たので今回のトレードはまぁ良し、ケリーもOTとGがやれる選手でGMもユーティリティな所を評価してるそう。

4年間で30試合出場5試合の先発、去年OL大崩壊でマリオタが怪我したことを考えると控えにそれなりの選手を置くのは大事なので取り合えずはTENのプレイブックを覚えてもらって慣れてもらえればいいなと。

ポテンシャルはあるDGBのトレードは残念だけど新政権が評価してないのは分かってたので今回のトレードはしょうがないというのが本音。PHIで大活躍されると悔しいのでほどほどの活躍にしてください。こうなったらとことんルーキーWRシャープの活躍を楽しみにしていきたい。
スポンサーサイト

コメント

性格難あり

何か性格難ありの部分が今シーズンNYGからきたRandleと被ってますが。(^^;
性格難ありもの同士が化学反応おこして切磋琢磨でもして貰えるとPHIファンとしては願ったり叶ったりですけど。さてどうなりますか?
Dennis Kellyはパワーそこそこフットワークに難ありという典型的なバックアップOLだと思うのですが。更なる活躍を願ってます。

DGBは環境が変わったことで心入れ替えてくれると良いんですがどうなるでしょう…。コーチ陣にあれだけ言われるということはどこかで不真面目な部分があったと思いますしポテンシャルはあるはずなのでどうにか活躍するところが見たいですね。

ケリーには頼れる控えとして期待します!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/220-ec0f40ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground