2016-10-28

2016 Week7 VS IND レビュー

今週は忙しくレビューを書く時間が無いままTNF前日を迎えてしまった。試合直後はいろんな怒りが渦巻いてたはずなんだけど時間が経ったせいでそれも薄れた、ということで今回のレビューは簡単に。



TENのOPドライブはマリオタのパスとマレーのランがうまく噛み合い最後はまさかのLTルワンにTDパスを通して先制。INDもラックのパスオフェンスで攻め込みあっという間に同点TD。OPドライブで完璧だったマリオタはその後のドライブからずっとパスが乱れ始めてオフェンスが停滞、その間にもINDはTDとFGを一本ずつ決め点差が離れていく。2Q終盤になんとかRBマレーのTDランで4点差にして前半終了。

後半3QはINDのFG1本だけ、4Qは一気に点の取り合いになりTENがTEウォーカーへのTDパスとFG逆転する。4Q残り数分逆転を目指すINDのドライブを止めることが出来ず最後は元TENのTEドイルにTDパスを通され逆転、3点差を追うTENのドライブで初っ端マリオタがサックファンブルをかましてそのままリターンTDで終戦。今回もラックに勝てることが出来ず34-26で敗戦。


・やらかし続けるST
STコーディネーターを更迭してホフマンを新しいコーディネーターに据えても相変わらず駄目駄目なSTだったけどこの試合もやらかしシーンが何度もあった。最初のTD後のPAT失敗はLSが少しハイスナップにしてしまったのとホルダーのカーンがしっかりホールド出来なかったせい、本音を言えばあれぐらいのスナップの高さならカーンがしっかりホールドしないといけない。まぁこれはめったに見ないシーンだしまだ良い。一番むかついたのは試合中盤不意打ちのオンサイドキックに対応できずみすみすリカバーされたこと。CLE戦でもリカバーされたのに2試合連続でオンサイドキック決められるってやる気あんのか、リターンゲームでビッグリターンが出ないのはもう諦めたから最低限オフェンスやディフェンスに多大な迷惑をかけるな。


・パスラッシュの不発
ここまで7サックを決めていたOLBオラクポはこの日LTカスタンゾの前にプレッシャーをあまりかけれず。逆サイドのモーガンが1.5サック、クルーグ0.5サックともう少しラックにプレッシャーをかけたかった。この試合のINDのOLはパスプロに困ってるとは思えないくらい安定していてブリッツをかければしっかり対応してブロックするし敵ながらあっぱれな内容だった。


・マリオタの直らない不安定っぷり
22/37の232ヤード2TD0INTと数字だけ見れば良いのだけれど試合を通して見てればマリオタの不安定っぷりがよく分かるはず。とにかくパス精度が悪く短いパスでもレシーバーが取れない所に投げたりWRに投げるのを躊躇して変なタイミング投げたりと相変わらずWRとの連携がおかしい、CLE戦はなんだったのか。止めに逆転ドライブを目指した4Q終盤のドライブでいきなりサックファンブルを喰らうやらかしっぷり、お前はフィッツパトリックか!何でこうもホームでドタバタするのか、RBにハンドオフしようとしてボールをファンブルするシーンもあったしいい加減にしろと言いたい。未だにプロのスピードに慣れてないのかプレッシャーが来るとへっぽこになるのをどうにかしろ。


この試合でLGスペインが膝を怪我して3~4週のアウト、CBコックスも脳震盪とここに来て怪我人が出てきてしまった。特にスペインの代わりに入ったシュウィンキは最後のファンブルに繋がるサックを許した。こんなのが去年までOLの要Cに入ってたんだからランも出ねぇよ。ルーキーのテレトラの方がマシじゃないのか。これで3-4、同地区成績は0-2でJAX戦に負けるとかなり地区優勝が辛くなるはず、ランは出るし守備も悪くないし勝つにはとにかくマリオタがしっかりプレイすること、これに尽きる。JAXのQBボートルズは今年調子が悪いみたいだけど昨年はWRロビンソンとのホットラインにどんどんパスを通されたので抑えたいがコックスが欠場だとマッケインがスターターになるし苦しそう。とにかく殴り合いでも守りあいでもなんでもいいから勝て。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/245-003c6e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground