2016-11-14

2016 Week10 VS GB レビュー

殴り合いの展開じゃ勝てそうにないからロースコアの試合展開に持ち込みたいってプレビューで書いたけど実際の試合内容は予想のはるか斜め上を行った。



TENのキックオフから始まったこの試合、いきなりオンサイドキックを見せ奇襲をかけるも失敗してTEN陣内からのディフェンスに。このディフェンスで相手を三凡に抑えるとTENのファーストプレイでRBマレーが75ヤードのTDランで先制点を取った。次の相手のオフェンスを2回ともパントに抑えてる間にTENはRBマレーがエンドゾーン前からTEウォーカーへTDパスを投げたりTEファサーノへのTDパスで1Q終了時点で0-21と大量リードに成功する。ただこの間にGBのDL選手がエンクローチメントの反則でマリオタを突き飛ばしたのを見たLTルワンが相手選手に詰め寄り間に入っていた審判を払いのけるとこれも反則を取られ退場処分をくらうアクシデントがあった。2Qから開き直ったのかQBロジャースがバックショルダーパスを何度も見せつけパスを通し1本返されるとTENもWRマシューズへロングボムTDを通し追加点、GBにFGを決められTENが初めてパントに追い込まれたもののGBのリターナーがこれをマフしそのままTENリカバー。結局ドライブが続くことになりこれをWRライトへTDパスを決め実質5ドライブ連続でTDを奪う絶好調ぶり。ロジャースのパスを止められず2Q終盤にRBスタークスへのTDパスを決め前半終了間際にヘイルメアリーを投げ込まれるもこれはCBマッケインがINTし前半を16-35で終了。

後半TENのオフェンスが三凡で終わるとGBが自陣で2回も4thダウンギャンブルを成功させ最後はロジャースのスクランブルでTD、この時CBコックスがエンドゾーンに入ったロジャースを突き飛ばし両軍揉める事に。ただTENも失速することなくオフェンスを進めることが出来てルーキーのWRシャープがキャリア初TDレシーブを決めて差を詰めさせない。その後はお互いFGを決めたりするものの要所でGBの4thダウンギャンブルを止めたりCBコックスのINTなどもあってそのまま25-47で勝利、成績を5-5に戻すことに成功した。


・本日のマリオタ
19/26の295ヤード4TDのINT無し、もう文句無しの出来で言うこと無し!毎度こんな内容をやれとは言えないけど酷い時のターンオーバー癖が出なかったことが何より良かった。がっくりするような投げミスもほとんど見られなかったしうまくレシーバー陣に投げ分けれていたんじゃないだろうか、これでマリオタはレジェンドのウォーレン・ムーンに並ぶ6試合連続2TDパス以上を決めたことに。6試合連続はフランチャイズレコードらしいので次の試合で記録更新出来るか。


・LTルワン退場の穴を埋めたOTケリー
問題のシーンはエンクローチメントでOLを割り込んで来たDLがマリオタを突き飛ばしたことから始まった。ルワンは頭に血が昇る性格なのは明らかなのであのシーンで相手選手に激怒するのはよく分かるんだけど間に入ってルワンを抑えていた審判の手を払いのけたのがまずかった。今回のルワンを含めて今シーズン11人退場処分をくらったらしいけどその内6人が今回試合を裁いていたクルーということで一番退場関係に厳しいクルーだったのも運が悪かったと考えるべきか…。試合後の会見でムラーキーHCは審判の判断には文句ないとの見解を出してたのでルワンは気を取り直して次の試合に切り替えていこう。

代わりにLTに入ったOTケリーは無難に仕事こなして充分合格点、パスプロどうなんかなと思ったけど漏らすことなく守ってたのがマリオタのこの成績に繋がったはず。LGは復帰したばかりのスペインではなくシュウィンキが引き続き先発、許したサックは2回だけどその内1回は大外からフリーで突っ込んできたセーフティーブリッツとかだしOL全体としてはうまくパスプロは機能してた。



・奮闘するもやっぱりパス守備に不安が残るディフェンス
序盤は抑えてたものの開き直ってガン隊形からパス一辺倒で来られるとまぁ通される、相手のドロップや投げミスもあってSD戦よりかはマシだったけど。ロジャースの代名詞バックショルダーパスはもう止めようが無かったしパスラッシュもかかる時と届かない時があってうまく届きそうになってもロジャースのうまいポケットワークで避けられた。明らかに相手のパスプロに異変が生じたのはLTバクティアリが怪我で離脱した後半、それまで空気だったオラクポが代わりのスプリッグス相手に2サックを決めたり最終的に5サックを記録、相手の怪我人ラッシュにも助けられた。


・存在感を増すルーキーFSバイアード
先発Sはデプス上はジョンソンとシアシーなんだけどシアシーの怪我で離脱してる間や戻ってきても3人以上Sを出すことも多いので自然と出番が増えてきた。ここ2試合はチームトップのタックル数、今回のGB戦はタイトなカバーも見せたし短い所にパスを通されてからもすぐに寄せてタックル決めてたし今後も楽しみな存在。


ということで5-5とタイに戻した。HOUがJAXに勝ち6-3と南地区首位を相変わらず走ってる。次週はINDとアウェイで、HOUを追いかけるのは勝った方になりそうだし中盤の山場になりそう。
スポンサーサイト

コメント

圧勝

思わぬ圧勝で、嬉しい限りです。
新人バイヤードは、このところ充実していましたが、初サックも挙げましたね。
OLでは、ケリーをトレードで獲っておいて良かったと、つくづく思いました。
リーワンとシャープは、今後に向けて、態度を改めないといけないですね。
スペシャルチームも、マリアニの老獪なプレー(レシーブフェイク等)や、50ヤード超えのフィールドゴールも決まり、少しずつ改善されているようで、一安心です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/251-f93b25ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground