--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-03-08

2016シーズン回顧&17シーズン展望 CB編

FAのタンパリング期間がスタート、正式な解禁までに実質合意することも多々あるのでここ2~3日はビッグニュースが飛び込んでくるかも。今日はチーム1番の弱点CBについて。



・16シーズン回顧


ジェイソン・マコーティ
14試合14先発 69タックル(60ソロ) 0サック 12PD 2INT

ペリッシュ・コックス
11試合9先発 42タックル(37ソロ) 0サック 11PD 3INT

ブライス・マッケイン
16試合10先発 38タックル(31ソロ) 0サック 10PD 2INT

バレンティノ・ブレイク
16試合1先発 42タックル(35ソロ) 0サック 5PD 0INT

ルショーン・シムズ
13試合2先発 22タックル(19ソロ) 0サック 3PD 1INT

カラン・リード
4試合0先発 3タックル(2ソロ) 0サック 0PD 0INT


ここ数シーズンチームの弱点と化したCB、新GMのロビンソンにどうにか改善して欲しいと思ったけどFAでマッケインとブレイク、ドラフト中位と下位でシムズとリードの補強で終わりという何とも期待出来ない結果に。OLや他のポジションを優先させる形になり不安なメンバーでシーズンに挑んだ結果、パス守備はリーグ30位と案の定沈みボコボコにやられた。結局何度も言ってきたとおり敵チームのエースWRに対抗出来る選手がいないのが問題でリーグトップクラスのWRだとまず無抵抗でやられる、SD戦なんか簡単なスラントパス連発すら対応出来ず今のCB陣の限界を露呈させた。

マコーティは昨シーズン4試合出場に終わり今シーズンは復活出来るか見ものだったけどいつも通りTENCB陣では1番マシだけど良いWR相手には歯が立たないというここ数シーズンと同じ内容。契約年数と金額からしてエースCBと呼んでいいはずだけどマコーティが1番手な限りパス守備改善は見込みなし、双子の弟デビンのようにSにコンバートさせたりしたら活躍してくれないだろうか。

コックスはリーグ序盤はINTをよく決めたものの中盤に進むにつれてパスカバーのザルっぷりに拍車がかかり衰えが深刻化してた。INTはCB陣で1番多いしパッと見活躍したように見えるかもしれないけど試合を見てた人なら分かる、コックスが狙われまくっていたのを。Week12のCHI戦でズタボロにされたのを見てコーチ陣もついにコックス解雇に踏み切り試合翌日にリリース、今シーズンは酷かったけど15シーズンはマコーティが怪我でいなかったのでコックスがいなかったらもっと見てられない状態だったろう、その後SEAに拾われたけど試合には出てないみたいでまだどこかでプレイする機会はありそう、ありがとうございました。

マッケインは加入当時ニッケルもアウトサイドも出来ると発言してたけどTENではニッケル起用、コックス解雇やマコーティの怪我があると外でもプレイしてたけどやっぱりニッケルが1番合ってるかなぁ。サイズが5-9と小さいのでどうしても外では限界がある、IND戦でのWRヒルトンに追いついてINTしたプレイはお見事だった。

ルボーコネクションでチームに加入したブレイク、PITでは15シーズン先発を務めていたけど相手WRには散々やられていたしょうがなしのスターターだった選手と聞いて本当に大丈夫かと思ったらプレシーズンでやられまくるわやられまくるわ。開幕ロースター争いをしていたリッグスの方を残せ!と言いたかったが難なく生き残り、CBとして使ったら駄目でせめてST限定にしてという願いが届いたのか当初の出番はSTだけ。が、コックス解雇後いつの間にかLCBというエースWRと1番マッチアップしそうな場所にセットすることが増えてた…。プレシーズンほどの惨状は見せなかったけどやっぱり先発で使うには怖い選手、STでガンナーとしてならまぁいてもいいんじゃないか。シーズン途中アントワンからバレンティノへ謎の改名。

コックス解雇により出番の増えたルーキーシムズは初めてがっつり出場したCHI戦でプロの洗礼を浴びるボコられっぷりを披露、コックスよりかはマシだろうと思ってたのでこれにはがっかり。ただその後DEN戦で2PDを見せるとKC戦ではエンドゾーンでINTを奪うなど勝利に貢献、少しずつ成長してるのは見て取れた。同じルーキーのリードはマコーティが最後の2試合欠場したためそこでCBとして出番があったもののスナップ数が少ないため評価は出来ず。


・17シーズン展望


WRを越える最重要補強必須ポジション、何らかの補強が無ければまず地区優勝なんて無理、勝ち越しすら危ういレベル。スターター2人を外から連れてくるぐらいしないと改善出来なさそうなくらい悲惨な現状だけど同じ悲惨な状態から1年でチームの強みになったOLみたいにガラッと変わることは出来るんだろうか。契約が切れるのはブレイクのみ。

GMも補強の必要性は分かってるみたいで今日始まったFA事前交渉では同地区HOUのCBボウイェを狙ってるとのこと、16シーズンに頭角を現した選手で1年だけの活躍なのが少し不安だけど彼ならエースCBとして文句無し、その分お値段も張って1年あたり12M以上になるそう。ケチってもしょうがないし今のCB陣なら払う価値はあるはず、他のFA候補ならNEのローガン・ライアンでGMがNEにいた時に指名に関わってるそうなのでその縁絡みか。

ドラフト候補のCB陣はお伝えしたとおりかなり層が厚く2巡でも良い選手が指名できそう、2巡指名無いけど。FAで誰かしら取ってドラフト3巡以内でも指名というのは全然あり、マコーティは来シーズンが契約最終年だけどキャップヒット7Mに対してカットの際のデッドマネーは無し。しっかり補強出来れば放出もありそう。マコーティ放出ならスターターを2人取ってマッケインを本来のニッケルで使うのが最善手かもしれない。不安なのはルボーさんがHCやDCをしている間はドラ1でCBを指名したことは1度も無いという情報、代わりにフロント7の指名が多いらしくそちらを重視してるのが見て分かるんだけどさすがにもうそんな事言ってられないくらいCB陣が崩壊してるので今年は大人しくCB補強をお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/274-6664e0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。