2017-04-29

2017年ドラフト2日目の指名

2日目はNEに3巡と4巡を1つずつ渡して3巡を前にトレードアップ、LAとのトレード絡みで得た最後の指名権と最終的に3巡2つで2名指名した。ニーズを埋めつつあるんだけどロビンソンGMの指名する上での考えも少し分かったようなそんな2日目だった。



3巡72位 WR Taywan Taylor(ウェスタンケンタッキー大)




4巡を手放してまで指名したのは1巡で指名して次があっても下位だと思っていたWRだった。テイラーは16シーズンで98キャッチ1730ヤード17TDと2年連続でカンファレンスUSAの1stチームに選出されている。サイズは5-11と小さく40ヤードダッシュも4.50と別段速いわけじゃないけど動画を見るとディープをぶち抜くシーンが多くディープパスでかなりのヤードを稼いでいたみたい。デイビス同様ルートランを評価されていて、うまくセパレートを取れるのは去年指名したシャープと似たような感じ。ロビンソン体制はこういうWRがお好みなのかも。デイビスには劣るもののこちらもフレッシュマンから試合に出続け4年間で4234ヤード41TDと数字は残してるのが心強い。

大学ではアウトサイドが多かったけど指名後のGM会見だとスロットレシーバーと発言していたのでTENではそこがメインになりそう。この指名で苦しくなったのは2年目のシャープでテイラーとスロットの座を争うことになるはず。


3巡100位 TE Jonnu Smith(FIU)

プレイ動画は見つからないので割愛、こちらもカンファレンスUSA所属の選手で6-3とTEにしては少し小さい。ただコンバインではどの種目でも軒並み上位に入ってるので身体能力はありそう。大本営のプロ選手との比較では何とTENのウォーカーが挙げられていてHバックとして使えるようなことを書かれていた。サイズの大きくなったウォーカーになれれば万々歳で数年後うまく世代交代を出来るかはスミス育成にかかってる、コーチ陣はしっかり指導するように。

TENは2TEもバンバン使うのは周知の通りでスーパノーと2番手争いを始めることからか。現時点でキャッチ関係はスミス、ランブロックはスーパノーだと思うのでこの2人の競争はキャンプの楽しみになる。


ということで以上2日目の指名選手紹介、2人に共通するのはカンファレンスUSAというマイナーカンファレンス所属、シニア選手でシニアボウルに出ていたということ。ここまで4人指名した訳だけどジャクソン除いて3人がシニアでマイナーカンファレンス所属ということ、アーリーエントリーが増えてる中でシニアに指名が偏るのはたまたまなのだろうか。以前ロビンソンGMは試合経験を重要視するという記事を見たけどそれならシニア選手の多数指名を納得、ジュニアのジャクソンもフレッシュマンから試合に出続けて試合経験は豊富なのでこの傾向は案外当たってる感じなので来年以降のドラフト予想に使いたい。

・3日目の指名候補
4人中3人がオフェンス指名で2日間でニーズはしっかり埋めてきた。後はILBやSの控えが欲しいので3日目は守備選手の指名が増えると予想、ただテイラー指名の際にトレードアップで4巡を無くしたので残りは5~7巡の3つだけ。アイオワのDBデズモンド・キングが残ってるけどさすがに5巡までは残らないか…
スポンサーサイト

コメント

トレード

マリオタにとっては、嬉しい1〜2日目でしたね。

このブログにも書かれているとおり、残り3人しか取れないと思っていたら、200位が217、227、241位と3つに化けるとは、まさにロビンソンマジックですね。
それでいて、昨日の3巡に続き5巡でも、トレードアップして欲しい選手を獲得するのですから、さすがと思いました。

2日目は予想外な2人目のWRにファサーノの穴埋めTEと面白い指名でしたね、個人的には3日間の指名でしっかりニーズは埋めてきたのでよかったなぁと思ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/285-9b2d6d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground