2017-05-09

ウェブスター前GMのドラフトを振り返る 後編

引き続きウェブスター前GMのドラフトを振り返っていく、後編の今回は14~15年の2年間。



・HCにケン・ウィゼンハントを据える
13年シーズンの後にマンチャックが解雇されウェブスターはHC探しをすることに。自分が就任する前からいたマンチャックとは違い自分主導でHCを探せた状況で選んだのはARIでHC経験がありSB出場の実績もあったウィゼンハントだった。HC獲得レースから出遅れて最終的な候補が現DETのコールドウェルかこのウィゼンハントの2択だったの今考えると地獄過ぎやしないか…。結果論だけどコールドウェルならどうなっていたのかね、ウィズ政権ほど酷くはならなかったんだろうか。これでウェブスターGM&ウィズHCのコンビでシーズンに挑んでいくことに。

・2014年ドラフト

1巡 OT テイラー・ルワン→◎
2巡 RB ビショップ・サンキー→×
4巡 DL ダクワン・ジョーンズ→○
4巡 CB マーキストン・ハフ→×
5巡 LB エイブリー・ウィリアムソン→○
6巡 QB ザック・メッテンバーガー→▲

1巡ルワンはLTルースの後釜として指名、初年度は6試合の先発に留まるものの2年目15試合、去年全試合LTで先発とチーム不動のLTに成長してくれた。去年は控えながらプロボウルにも選ばれて先日無事5年目のオプション行使、何事も無ければ大型契約が結ばれるはずでウェブスターが1番ドラフトで成功した指名かもしれない。逆に2巡のRBサンキーはこのドラフトで最初に指名されたRBながら2年でカット、1年目は152回のキャリーが2年目は47回と半減以下。2年間で3TDと何とも悲しい成績でおさらばすることになった。

4巡コンビは対照的、DEジョーンズは初年度こそ控えだったものの2年目以降はずっとケイシーの逆サイドで先発でプレイ、サック数こそ少ないけどラン守備では良い働きを見せるので4巡指名なら全然OK、ハフはサンキーと同じく2年でカット。ST要員で目立つシーンもほぼ無かった。

ウィリアムソンは5巡指名ながら初年度から3-4ILBとして先発、3年間で欠場1回、無線をつけ守備に指示を出す大黒柱に。ランには素早く反応してタックルを決めてくれるけどパスカバーは苦手で昨シーズンもTEにいいようにやられていたのが実情、契約最終年だけど延長するのだろうか、ただ5巡でこの活躍は文句無し。メッテンはロッカーやマリオタの負傷で10試合の先発チャンスがあったけど全試合敗戦、ポケット内での棒立ちが目立ち一流が見せるようなポケットワークには程遠くサック連発の地蔵で2年で解雇。6巡で10試合も先発したんだからチャンスは充分与えられてたのだから本人の実力不足、こちらも2年で解雇。

14シーズンは開幕戦を勝ったけどその後怒涛の負けで最終的に2-14とテネシー移転後最悪の成績に。オイラーズ時代から長年チームを率いていたフィッシャーですら正式HCに就任してから1番酷かったのが4勝で1回だけ、それを1年目で軽々更新したのがこのウィゼンハント&ウェブスター政権だった。当時自分がシーズン終了後に書いてた記事を見直すと1年目だけどもう解雇でいいということを書いてて笑った。本当に見ててつまらないシーズンだったし何よりこの体制が最低でももう1年続くということで盛り上がる要素がまったく無かったもんね…。


・2015年ドラフト

1巡 QB マーカス・マリオタ→○
2巡 WR ドリアル・グリーンベッカム→×
3巡 OT ジェレマイア・ポタシー→×××
4巡 DL アンジェロ・ブラックソン→○
4巡 FB ジャルストン・ファウラー→○
5巡 RB デビッド・コッブ→×
6巡 LB ディオントレズ・マウント→▲
6巡 C アンディ・ギャリック→▲
7巡 WR トレ・マクブライド→評価保留

ウェブスター政権暗黒ドラフト第2弾、これ2年前のドラフトだけどすでにチームに残ってるのが4人だけ、半分以下です。下位指名の選手なら1~2年のカットもしょうがない、だけど2~3巡の2人はわずか1年でいないんです、どんだけ糞なドラフトだよ。

マリオタは2年間で未だに全試合出場シーズンが無いけど成績自体は結構いい、まだ改善するべき所はあるけどOLを整えた昨シーズンはランオフェンスの向上、パスプロ改善もあってやりやすそうだった。レッドゾーンでの強さも特徴で未だにINT0、後は本当に怪我だけに気をつければオプション行使、フランチャイズQBとして大型契約もあるはず。ブラックソンはDLローテ要員に定着、比較的層の厚いDLで先発を奪うのは至難か。去年はNTウッズが怪我で離脱した時にNTにも入るなどバーサタイルでアピールしてる。ファウラーはFBとしては高順位で指名されムラーキーがHCになって以降TE重視のあおりを受けて出番は減ったけどプレイに参加すれば良いブロックは毎度見せてくれてる。マクブライドは評価保留、PS暮らしが多くたまにロースターに上がってきてもST要員。

以下すでにチームにいない5名、マウントとギャリックのコンビは下位指名なので仕方なし。ギャリックはOLがボロボロなのもあって8試合先発は経験した。コッブは1年目控えだったけど新GMのトレードでマレー獲得、2巡でヘンリーとRB大補強で1年でカット、運も無かった。DGBは元々大学で問題を起こすなど問題児だったけど初年度は549ヤード4TDで2年目の飛躍に期待されたがプレイブックは覚えてない、ルートランで手を抜くだと新コーチ陣にキャンプから苦言をもらいプレシーズン中に控えOTとトレード決行されるはめに。ハンターといい2巡のロマン溢れるWRを育成出来てないのがエースWRがいないのに繋がってるのは明らか。

今ドラフト最悪の指名3巡ポタシー、元々リーチ気味な指名と言われてたけどチームは空きだったRTで起用するがこれが大誤算。プロでOTをやれるレベルじゃなくパスプロは相手をろくにブロック出来ずかわされるシーンが多々。そのせいでマリオタの怪我に繋がったし試合途中でついにベンチに下げられる始末、OLが実力不足で途中交代って相当な事。結局こいつも1年でカット、2巡3巡が1年でいなくなる最悪のドラフトになってしまった。

チームは1勝しか出来なかったウィズをHCから解雇してムラーキーを昇格、その後何とか2勝したもののチームは3-13で前年度から1勝しか勝ち星を上積み出来ず。ウェブスターは契約満了ということでチームを離れたけど解雇のようなもん、現在はATLでスカウトとして働いてるらしい。間違いなくこの2年間はテネシー移転後最悪の2シーズンだったことは間違いない。

・ウェブスターのFA補強
ドラフトとはうって変わってFAはそこまで絶望的な内容じゃない。OLBオラクポやTEウォーカー、ILBウッドヤードなどは主力として活躍、特にウォーカーは頼りないWR陣に変わってメインターゲットとして活躍してSF時代よりもスタッツを伸ばした。逆に外れもあってこれは文句無しでOGレヴィトリ、大型契約を結んだもののチームのスキームに合わず結果2年でATLへトレード、ATLではゾーンブロックで伸び伸びとプレイしてるのを見ると本当にため息が出る。レヴィトリとウォーマックで10年はOGに困らないっていう話もあったけど5年も持たなかった。


ウェブスター前GMの4年間のドラフトとFAを振り返ってみた。結局4年間で1度も勝ち越し出来ず後半2年間は2、3勝という酷過ぎるシーズンを引き起こしたのはこの補強の外しっぷりが原因の1つなはず。以下浮かぶ原因を挙げてみた。

①ドラフト上位(特に2~3巡)を外しすぎ
本来3巡目まではスターターを担う選手が欲しいけどウェブスターのドラフトで戦力になった2~3巡の選手は初年度のLBブラウンだけ、これじゃあデプス云々どころか純粋に戦力が低下するわ、ここの外しっぷりが想像以上にダメージが大きかった。

②HCに例のアイツを迎えてしまったこと
コールドウェルか例のアレか、当時の選択肢はこれだったけど今振り返るとどっちを選んでも厳しそう。コールドウェルはDETでそこそこの結果を出してるけどTENには当時スタフォのようなフランチャイズQBはいないし今のDET程の成績はさすがに無理でしょう。それ抜きにしてもアレのコーチングは酷かった、プレイコールで疑問を持たれるわお友達で連れてきたDCは糞糞だわARIでのSB出場もQBワーナーのおかげなのは確定、TEN解雇後はSDのOCに戻ったけど2度と他のチームがHCとして雇う事がないことを祈る。


そんな酷い状態の中でロビンソンGMは初年度からトレードなどで活発に動きOLを整備しムラーキーのランヘビーなオフェンス方針を成功させるべく動いて結果を残した。本来これがHCとGMのあるべき姿じゃないのか、2人でしっかり方針を立ててそれに向かってロースターを整備する。これをウェブスターは出来てなかった、ドラフトの外しっぷりを見るにまずスカウトとしての眼力がアレなのもあるけど…。新体制で9-7と一気に勝ち越しPOまで後少しまで持っていたフロントとコーチ陣を信じて2017シーズンも楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト

コメント

ドラ1選手達(メッテン以外)

こういった纏め記事、とても興味深いです。

個人的には、歴代スカウトの眼力は信頼していないので、マリオタ獲得の年も、前年成績で全体1位でなくて2位になって(残ったQBを獲得する方が)かえって良かった思っていました。

QBでは、ヤングは育てられなかったのかもしれませんが、ロッカーは完全に失敗でしたしね。
メッテンバーガーは素行もあり評価はやや低かったですが、やはり駄目でしたし。

またジョーンズやブリットといった問題児を獲得しても制御出来ないし、ライトやウォーマックは首脳陣と衝突と、なかなか生え抜きの良い選手が出ないのも、選手の素養を見抜く力が無いせいもあるのでは、と思ってしまいます。

しばらくシーズンオフかもしれませんが、またホロさんの記事再開を楽しみにしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/289-06c9a003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground