2012-09-26

2012シーズン Week3 VS DET レビュー

TEN 44-41 DET
ホームにDETを迎えての試合は4Qだけで合計46点入る大荒れの試合に、同点のままOTに突入した試合は先にFGを決めたTENがDETのドライブを抑えて勝利、シーズン初勝利あげることが出来ました。



DETの最初のドライブをFGに抑えるとTENもすんなり敵陣へ、しかしここでロッカーがスナップをファンブルしてそのままロスト、リプレイを見るとランプレーだったのかボールから目を離すのがかなり速く完全にCJに気が向いてたミスでした。今回もダメかと思いましたが守備が粘りFGに抑えて反撃のチャンスを待つと1Q終了間際にパントキリターンでャッチしたレイナウドが逆サイドのキャンベルにバックパスを投げるトリックプレー、俊足のキャンベルはそのままエンドゾーンへ飛び込みました。まさにあのミュージックシティミラクルを思い出させる見事なプレー、さすがロウリーSTコーチ!そのプレーはこちらで


2Qにはクックへ61ヤードTDパスが決まりFGも決め守備もTDを許さず前半を20-9で折り返し、文句無しの前半でした。しかし後半最初のドライブでビロナスが41ヤードのFGを外すと流れは一転、DETがTDを返し4点差に。次のドライブでもFG圏内に持っていくもののまたビロナスが48ヤードFGを外し追加点が取れず、このくらいの距離なら簡単に決めるビロナスが連続で失敗するというかなり珍しい事態になっていました。


もたついてる間にFGを決められついに1点差、そろそろ点取らないとやばいんじゃないかと思ったら今度はWRライトがファンブルロスト。悪い流れは止まらずそのまま逆転のTD、2ポイントコンバージョンも決められ7点リードになり今日も負けか…と落ち込んでた所にリターナーのレイナウドが105ヤードKRTD!すかさず同点に追い付きました。このプレーのキーブロックはTEトンプソンで勢いをつけて相手選手に突進、そのままふっ飛ばしてレイナウドの走路を切り開きました。そのプレーはこちらで


その後もワシントンが自分とボールの間に相手選手がいながらキャッチしそのまま独走TD、CBバーナーがパスキャッチした相手選手に組み付きそのままボールを奪い取りファンブルリターンTDと続けざまに得点し41-27で残り時間1分ちょい。勝ったなと確信したんですがコンサバ守備の間を簡単にパスを通されあっという間にTDで7点差、「ま、まぁオンサイドリカバーされなきゃ勝ちだし…」という願いもつかの間、ボールはうまく跳ねてDETリカバー、ラストプレーでヘイルメリーパスを投げましたがLBエアーズがパスを叩き落とし勝った!…っと思ったら叩き落としたボールは目の前にいたDETのレシーバーヤングの真正面に飛んでいきそのままキャッチされTDで同点、あまりの事に絶叫してしまいました…


OTは先にTENリターンで開始、後半怪我でベンチに下がったクックの代わりに出番が増えたTEスティーブンスの活躍&相手の反則に助けられFG成功、DETもTEN陣地7ヤードまで攻め込んできて4th&1でTDを狙ってギャンブルへ、しかしここでCとQBの連携がうまくいかずぎこちないQBスニークになりTENDLが一気に突っ込みました。選手達はギャンブル失敗を確信、一応審判団が測るもののFD更新には届いておらずこうしてTENはシーズン初勝利をゲット出来ました。


・オフェンス

ロッカーは42回中29回成功378ヤード2TDINT無しでレーティング113と最高の出来でした。DLのラッシュに慌てること無くしっかりレシーバーを探し投げることが出来ていました、多少DBがザルなDET(失礼)相手とはいえここまえやってくれたらこれからも楽しみですね、この調子で次も頑張ってくれると嬉しいです。ただあの初歩的なファンブルミスはもうしないように。


CJは14回で24ヤード、ただ今回は開幕3試合で一番良かったと思います、10ヤードを越えるランもあったし。ただロスする時はかなり下がったのでこんな成績になりましたが…OLはDETの強力なDL陣をしっかりロッカーから守る事が出来てました、後はランブロックどうにかしてくれ~。


ブリット、ライト、ワシントン、クックのレシーバー陣はなかなか良いですね、ロッカーの助けになってると思います。普段ブロックで活躍するスティーブンスはパスでもしっかり活躍出来る所を見せてくれました。オフに契約延長しておいて良かった…


・ディフェンス

速いタイミングのパスがそこそこあったんですがDLはあまりプレッシャーをかけることは出来ず、モーガンがスタッフォードを捕まえかけたプレーがあったんですがそれくらいですかね、もう少しパスラッシュを改善しないといけないでしょう。ルショアに100ヤード走られましたが平均4ヤード以下、ハンソンにFG4回蹴らせたので充分な出来だと思います、ただ終盤のコンサバ過ぎる守備は見てて悲しいのでどうにかして。


前半まったく目立ってなかったメガトロンですが後半爆発して結局100ヤード越えやられてます、まぁ対抗できる選手いないししょうがないか…2週連続でPFF選出のポジション別ベスト選手にCBバーナーが選ばれてました、あの無理やり奪ったファンブルとは別にパスカバーも頑張ってたそうです。


・今試合のサック:1回
4Q RTが内側にいたモーガンのケアに行ったためブリッツしたエアーズがフリーでサック


・スペシャルチーム

今回勝てたのはこのユニットのおかげでしょう、PRTDではレイナウドが左手でしっかりキャンベルにパスを投げていました。キャンベルは昨年だったかKRでマリアニからリバースする形でボールを受け取りリターンTDを決めてますがこの選手サイズあるのに足が速いんですよね、チームでもトップクラスの俊足かも。


KRTDは上で書いた通りTEトンプソンのブロックが見事でした、さすがに元DEのトンプソンと相手のDB?選手じゃサイズとパワーに差があった…気になるのはビロナス、まさか2回連続で外すなんて思ってなかったので今後が少し心配です。


今回勝てたのはビッグプレー連発のおかげだと思います。さすがにビッグプレーがこんなに出たのに負けたら立ち直れない所でした…。ビロナスのFGミス2回、エンドゾーンでバーナーがINTした時にエアーズが犯した反則、オンサイドキック、ヘイルメリーパス、どれか一つでもミスを無くせばもう少し楽に勝てたはずなんですがまぁ勝ったので良しとしましょう、シーズン全敗の危機は回避されました。


ただ試合内容に満足してるかと言われたらしていません、肝心のランオフェンスは改善されてないですからね。今回もチームのリーディングラッシャーは31ヤードスクランブルをしたロッカーでした。守備やスペシャルチームでビッグプレーが無いと厳しいかもなと思わされた試合でもあります。


次の相手は開幕3連勝の同地区ライバルHOU、少しだけWeek3の試合を見たけどTENが勝つビジョンが思い浮かばねぇ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/32-288d82db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground