FC2ブログ
2017-12-25

2017 Week16 VS LAR レビュー

17シーズンも残り2試合、今日はホームに好調LARを迎えて。



LARのファーストドライブはTEN陣内まで進みパントフェイクからのパスがあったもののこれを防ぐ。相手のミスに乗じたいTENだったが2プレイ後にマリオタがINTを喫してしまい流れに乗れず。LARはこのミスを逃さず、エンドゾーン前からRBガーリーへTDパスを決め先制(PATは失敗)。TENはWRデイビスのダイビングキャッチなどで敵陣に入りエンドゾーンまで1ヤードという所まで進むものの、フォルススタートやサックで後退してしまいFG止まりに。LARの新KがFGミスなどで追加点を免れるとLAR陣内深くでDEケイシーがQBをエクスチェンジ前に潰すハードヒットでこれがファンブルリターンTDに繋がり6-10と逆転。しかしLARもすかさずTENのヘビーブリッツ時にスクリーンを入れるドンピシャのプレイでRBガーリーが一気に80ヤードを駆け抜け逆転、前半終了間際にTENがFGで同点にして13-13で折り返し。

後半お互い三凡で終わるとTENはKサコップが45ヤードのFGミスをしてしまう。LARはレッドゾーンでのギャンブルを成功させWRワトキンスへのTDパスで勝ち越し、TENもリターナーのCBジャクソンがビッグリターンで敵陣44ヤードからプレイを始めるとRBマレーのTDランで同点とし、お互い一歩も引かない。その後TENがFG、LARがWRカップへのTDパスで27-23となってからはひたすらパント合戦、残り3分半から逆転を狙ったドライブはLAR陣内に進入するもののレッドゾーンまで進めずギャンブル失敗で万事休す。この敗戦でJAXのAFC南優勝が決定した。


・本日のマリオタ
22/39の275ヤード0TD1INT1ファンブル(0ロスト)。めちゃくちゃ酷い時に比べると(ARI戦のような)はるかにマシだったんだけどそれでも何だかなぁ…という内容。パントフェイクを失敗させてさぁ攻撃だというのに即INTは流石に呆れた、ただあれはTEやRBをブロッカーに回してパスルートに出たのがWRの2人だけ。このブロッカーを増やす作戦今年全然上手くいってないと思うんだけどOCは頑なに使うよね。ファンから見てもWRを3人以上並べてターゲット増やしたプレイの方が全然投げやすそうにしてるのが分かるんだけど…。最後のギャンブル失敗はファーストターゲットであろうTEウォーカーがフラットで空いててしっかり見てるのに何故か投げずポケット外へ脱出からの無理投げパスミスという謎。普通にそのまま投げてたら高確率でFD更新だったじゃない…。散々言われてる通りOCのプレイコールも糞だけどやっぱり今年のマリオタは何かおかしい、案の定ノーハドルでは活き活きと投げてました。


・WRデイビスキャリアハイの活躍
プレビューでLARとのトレードで得た指名権で獲得したデイビスが活躍したら嬉しいと書いたけど6回91ヤードとキャリアハイの活躍を見せてくれたのが数少ないポジ要素。フィールド中央でのダイビングキャッチやRACからのロングゲインとエースっぽい活躍が見れて嬉しい、RSも残り1試合だけど来年以降に少し期待が持てるかな。


・RBマレーが膝を負傷
この日のラン獲得ヤードは全体で97ヤードとそこそこ稼いだけどRBの2人はそれぞれ平均3ヤード台とコンスタントに走る事は出来ず手詰まり感MAX。そんな中で試合終盤相手との接触でマレーが膝を負傷、肩を担がれて退場したけど軽症には見えず今シーズンはOUTなんじゃないかと予想。もしそうなればPSからモハメドを引き上げてヘンリー、フルーレンとの3人体制か、ただランはほぼヘンリーが担当するんじゃないだろうか。とりあえずマレーは情報待ち。


・RBガーリーを止めれず
ランでは22回118ヤード、レシーブでは10回158ヤード2TDとまったく止める事が出来なかった。相手のマクベイHCは執拗にガーリーへのスクリーンパスをコールし80ヤードのスクリーンパスが決まった時はこっちが複数ブリッツを入れてたので完全にコール負け。事前の情報通りLARは3WRで横に広げてのランが多かったけどこれがまぁ出る出る。ボックスから人が減るのでしょうがないんだけどTEやエキストラOLを並べてランをするTENとは真逆、やっぱりランを出すにはボックスから人を減らさせないといけないよね、TENのOCは見てたか~?


・CB2人欠場の穴埋め
この日CBライアンはやはりインアクティブ、シムズは数日前にIR入りしたのでアウトサイドはジャクソンとスミス、ニッケルにマッケインというメンバーで挑む事に。試合序盤はやたらスミスが狙われてたけど何とか持ち直し、逆にマッケインのミスが目立った。次の試合にライアンは戻ってこれるんだろうか、彼の穴はやはり大きい…。


・審判に泣かされた2つのシーン
あまり審判を言い訳に使いたくないけどどうしてもオイオイと思ったシーンがあるので。1つはLARがTEN陣内でプレイした4thダウンギャンブルシーン。ガーリーのランでFD更新したわけだけどスナップ前にTEが動いてた。これを見て近くにいたOLBオラクポやその他TEN選手が猛アピールするもスルーされ結果は御覧の通り。解説からもミスジャッジと言われてたしこれは明らかな審判のミスだろう、4th&6になってればFGで済んだかもしれない。もう1つはTENが成功させたオンサイド無効の件、LARの準備が整ってない状態で蹴ったものだけどKサコップは蹴れる合図は出ていたと。審判はLARのタイムアウトと言ってたけど結局タイムアウトも使われずただの仕切りなおしに。上記のフォルススタート見逃しに比べればまだマシかもしれないけどもう少ししっかりしてくれないか。


この敗戦でJAXは試合途中ながらAFC南制覇に、SFがJAXを倒したのでLARに勝ってれば来週地区優勝を賭けた試合になったんだけどな…。現状5位シードが9勝のBAL、6位シードにTENでその後ろにLACとBUFが続きWC争いはこの4チームに絞られた。BALとTENは勝てばその時点でWC確定なので自力で決めれるだけマシか。もしくはLACとBUFが負けてもOKに。明日のPITの試合次第だけど最終戦を前にJAXの第3シード確定が大いに有りえるので、そうなればJAXは最終戦でメンバーを落として休ませる可能性も。何とかPO出場に漕ぎ着けれるか、全ては現地大晦日の最終戦にかかっている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/335-04104968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground