FC2ブログ
2018-01-06

2017 ワイルドカードプレイオフ VS KC プレビュー

FSバイアードがオールプロの1stチーム、Pカーンが2ndチームに選出。バイアードはプロボウルから漏れたので嬉しいはず、来年以降もよろしくね。そして当ブログ開設以来始めてのPOプレビュー、なんだか少し感慨深いけど内容はいつもと一緒。相手はKC、昨シーズン今回と同じアウェイで対戦しており、その時は19-17とKサコップのサヨナラFGで勝利している。



・怪我人情報
TENはRBマレーが欠場、やはり痛めた膝は軽症じゃないのかPOの間に復帰は無理か。もう1人、背中を傷めたLGスペインはQ扱い、こればかりは試合開始前にならないと分からないけど、もし駄目ならいつも通りシュウィンキが代わりに先発するはず。他に怪我人は無し。

KCはDEのNunez-Rochesがダウトフル、Q組ではOLBのハリがいるけど試合に出れるのかどうか。今年5試合に出て1タックルと彼にしてはかなり寂しい数字。


・TENオフェンス VS KCディフェンス
KC守備の各種順位を見ると平均失点こそ21.2で15位とリーグ中位なものの、喪失ヤードやパス、ラン守備全て25位以下と低迷、強力守備のイメージがあっただけにこれは以外。ただ昨シーズン対戦時にTENオフェンスは3回もターンオーバーを奪われてるので油断は禁物。ピータース&ミッチェルのCBコンビはそれぞれ5INT、4INTを記録しているので無理に投げたら取られるのは目に見えてるから無理投げはしないこと。パスラッシュもサックが減ったとは言えOLBにヒューストン、DEにジョーンズがいるのでOLはマリオタをしっかり守ってターゲット探しの時間を稼ぐべし。ランに関してはマレー欠場でヘンリー頼み、先週は平均1ヤード台に加えてファンブルの原因となるミスもあったし多少は挽回して欲しいが…。


・TENディフェンス VS KCオフェンス
守備と違い各種項目でリーグ上位の数字を残す強力オフェンス、支えるのはルーキーRBハント、スピードスターWRヒル、万能TEケルシーの3人、これにQBスミスがミスを減らしつつ上手く攻めてくる。昨シーズン対戦時の勝因としてはヒルやケルシーをそこまで使ってこなかったことが挙げられる。ただヒルはTENとの対戦で68ヤードのロングランTDを決めてたしケルシーとヒルの2人をもっと使われてたら勝敗がひっくり返っていた可能性が高い。今年はこれにリーディングラッシャーのハントも加えて出し惜しみすることはまず無い。対策としては得意のラン守備でハントをしっかり止めつつヒルやケルシーのパスを防ぐ形になるんだろうけど問題は誰がマッチアップするか。ヒルは十中八九CBジャクソンがカバーするはず、ヒルほどじゃないけどジャクソンもスピードはあるのでTENCB陣で対抗出来るのは彼だけ、地味にヒルとジャクソンのマッチアップは楽しみ。ケルシーはLBじゃカバーしきれないのでパスカバーに優れたFSバイアードが見るのが1番いいはず、INTを奪えとは言わないから密着カバーで投げるのを少しでも躊躇させれたらOKか。


各所予想見てもほぼKC勝利ばかり、正直力の差はあるしPOを経験してチームとして今後の成長の糧にしてくれたらいいなと思ってる。もし勝つとすれば昨シーズン同様ロースコアの展開に持ち込むしかない。今シーズンのTENオフェンスは点の取り合いに持ち込む力は皆無なので守備の踏ん張りに頼る以外ないので。9シーズンぶりのPO、全力でぶつかって良い試合を見せて欲しい、GO!TITANS!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/338-31529124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground