FC2ブログ
2019-10-14

2019 Week5 VS BUF レビュー

試合前の予想通りガチガチの守り合いになった試合、ここまで予想通りの展開だと逆に驚く。



試合は14-7で敗戦、去年同様お互いの守備が活躍し守り合う展開に。TENはターンオーバーをやらかさず逆にINTを奪ったものの点に持って行けず。Kサントスの大乱調やOLのミスが足を引っ張り最後までオフェンスにリズムが出なかった。


・この試合のマリオタ
13/22の183ヤードTDINT共に無し。成績はアレだけど正直それ以上にOLが酷かったので以前の試合に比べて同情の余地はあるかも。ファーストプレイでPAからTEウォーカーにミドルパスを決めたのにOLの反則で帳消しにされるなど最初からリズムが台無しにされた。被サックも多くいつ怪我するかと冷や冷やだった。


・LTルワン復帰もOLは崩壊逆戻り
4試合のサスペンションから復帰したルワン、OLが多少安定するかと思ったら強力BUFDLの前にOLが全体的に押し込まれる事態に。被サックは5回、RGネイトはルーキーだし多少のやらかしには目を瞑るけどオフに大型契約で迎えたLGサフォールドのやらかしっぷりには我慢の限界。スピンムーブであっという間に抜かれてサックを許すはブルラッシュで簡単に押し込まれるは今シーズンここまで完全にFAバストと言っていい内容。LARではオフェンスシステムに助けれてたのは明白っぽくこんなのにあんな契約を与えたロビンソンGMの責任はかなり重い。


・Kサントスの大乱調とHCの謎判断
この試合前まで4/5のFG成績だったサントス、しかし最初に50ヤードのFGを外すとそこから音を立てて崩れるかのようにミス連発。36、33ヤードを外し最後は53ヤードをミス。まさかの0/4という結果で終わった。最後の53ヤードは試合終盤4th&4という場面、14-7と7点ビハインドでFGを決めても結局TDが必要なのでギャンブルかカーンにパントを蹴らせて奥に釘付けするのが定石。なのにブレイベルはサントスに蹴れるかどうか聞いたと試合後の会見で判明、3本外してるKに53ヤード蹴れるか聞くのがまずおかしいだろう。HCに蹴れるか聞かれて無理ですなんて言えるか?サントスに聞かず毅然とギャンブルかパントの判断をするべきだったんじゃないのか。去年のLAC戦での2ポイント判断と言いブレイベルの頭おかしいと言わざるを得ない判断にはうんざり。


以上レビュー、結局守備の頑張りを無駄にする近年よく見た光景。今年はオフェンスのこういう好不調の激しい試合を見せられるんだろうなと。結局オフェンスが安定して点を取るのは夢のまた夢みたい。オフに最低でもOCやポジションコーチをテコ入れして再起を図るしかない。新しいQBを迎え入れる前にOL整備も必要、OLコーチは今すぐにでもクビにして欲しいくらい。次はDEN戦、今シーズン1勝と調子の悪いDEN相手にどんなオフェンスを見せるか。

ちなみにKサントスは試合後に解雇、サントス獲得時にワークアウトに参加していたコディ・パーキーを獲得。去年CHI所属でPOでやらかした印象が強いけど通算成績は意外と見れる数字なので期待したい。サントスはお疲れ様、BUF戦前まで4/5と期待には応えていたので1試合でメンタル壊れるKはやっぱりタフなポジション…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/407-d0156bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground