FC2ブログ
2019-12-01

2019 Week12 VS JAX レビュー

KC戦のレビューを飛ばしてしまったけど最後までもつれる良い試合だった。最後はKCの同点FGトライをDBカルーがブロックする劇的な終わり方。そして今回は前回負けた同地区JAXと。



序盤から守り合いでお互いパントの蹴り合いになり、JAX陣内10ヤードまで進むもサックでファンブルロストと得点を奪えず。しかし2QにタネヒルのTDランで先制し前半を7-3で折り返す。後半になるとRBヘンリーのランが爆発し74ヤードTDランやキックオフでファンブルリカバーからすかさずヘンリーで再びTDと3Qだけで28点を奪いそのリードを保ったまま試合終了、42-20と大勝した。


・この試合のタネヒル
14/18の259ヤード2TD、ランでは7回40ヤード2TD。とにかく安定したプレイを披露、ショートパスの精度も悪くないしPAからのブーツレッグが非常に効果的だった。元々大学でWRもやっていたのでマリオタほどのスピードはないかもだけど充分脅威になる走力を見せつけてくれた。タネヒルのランもいい武器になりそう。相変わらずプレッシャー感知が鈍いのか背後からのラッシュに気づかずサックファンブルしたけど1試合に1回までならしゃーないと諦めた方がいいのかも。今回も奥でCBを抜いたデイビスにロングボムを通せずやっぱりディープの精度はイマイチなのが悲しい。スクリーンやショートパスからのRAC頼り、PAからのパスかランかの2択と難しい事をさせずシンプルなプレイをさせるのがタネヒル活躍の鍵か。


・ヘンリー再び爆発
昨シーズンJAX戦で99ヤードTDを含む200ヤード越え4TDの大活躍を見せたのは記憶に新しいところ、今回はそれには及ばないものの再び大活躍を見せてくれた。特に74ヤードTDランはステフアームで相手を弾き飛ばす去年のと似たようなものであの時を思い出したファンが多かったのでは。あれだけランが出ればそりゃPAも有効になる…。


・AJブラウンの強み
この試合4回135ヤード1TD、フィールド中央でキャッチしてからRACで一気に相手を交わしてエンドゾーンまで進んで行った。大学時代からキャッチ後のRACで目立っていたAJだけどプロでも同じ事をやれてるのは見事。エースのデイビスよりも数字を稼いでる現状、最終的にどこまで数字を伸ばせるか楽しみになってきた。


以上簡易レビュー、守備にはあまり触れてないけどJAXオフェンスに好き勝手やらせず良い出来だった。また試合後TEウォーカーとOLBウェイクの両ベテランがIR入り、ろくに試合に出てなかったウォーカーはともかくパスシチュ起用が多かったウェイクが抜けるのは痛い。ここはフィンチやコレアらに穴埋めを期待するしかないか。
これで6-5、PO戦線に食らいついてるけど次戦は同地区INDと。向こうも6-5、すでにINDには1敗してるので絶対に勝たないといけない試合、タネヒルが好調を維持できるかどうか。とにかく勝て!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/412-ca78c7a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground