--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-13

プレシーズンWeek1 VS WAS レビュー

プレシーズン初戦は22-21で敗戦、良いところ、悪いところどっちもありましたがいろいろ感想を。今年も試合後のレビューでは特に守備でProFootballFocus(PFF)のプレミアムスタッツ(PS)の数値をちょこちょこ書いていきます。せっかく金払って見れるようにしてるんだし大本営のアナリストも時々ここの数値を取り上げて記事書いてるし数値に関しては信用していいと思います。数値大好きな向こうの方が大勢集まって算出してるし俺の主観よりは役に立つはず…



・オフェンス

・ロッカー良いプレーを見せることが出来ず
昨年からどんな風に変わった姿を見せてくれるんだろうとウキウキして見てたんですがこの試合は昨シーズン終盤糞オフェンスを率いてたロッカーとあまり変わらず。長いパスを投げることも無し、アンダーニースに投げるばかりで期待の機動力も活かすプレーは無かったです。その後休み明けの練習でINT連発、番記者が今キャンプで最悪の出来と評してました。こんなんで大丈夫か…フィッツは可も無く不可も無く、スミスはチーム唯一のTDパスを投げ最後逆転のドライブを演出出来るかというシーンがありましたがOT二人に立て続けに反則されあえなくパント。


・ウォーマックほろ苦デビュー
先発OLですがRTのスチュワートが怪我のため出場せず、代わりにオットーが入りCはターナーでした。昨年先発を務めたベラスコより評価されてるのかと思ったんですがデプス上のファーストチームはベラスコ、よく分かりません。期待のウォーマックですがパスプロでは押し込まれサックを許しました、今のままじゃ到底ワットには敵いませんね…ランブロックではプルしてFBジョンソンと共にホールを開けてグリーンのTDに貢献しました。まだNFLレベルに順応出来てない感じですがまだプレシーズンは3戦あるし頑張って慣れて欲しいですね。

他の選手ではルースがオラクポにぶち抜かれてサックされるなどちと不安な場面も、まだ衰えるには早いしこっちも頑張れ!


・CJ&グリーンのラン好調、伏兵バトルも猛烈アピール
CJはわずか2回のキャリーですが58ヤードのTDランを見せました。スクリメージを抜けた後相手Sとタイマンでしたが素早く交わしてそのままTD、2000ヤード走った時はこういうランをバンバン見せてくれたんですよね、QBがアレなのでCJの好調は嬉しいです。グリーンも4thギャンブルでランでゴリゴリ進みFD更新と持ち前のパワーを見せました。この前契約したバトルも19ヤードレシーブを見せアピール、3番手は結構ダンゴ状態だと思うので誰が生き残るか楽しみです。


・WRハンターもまだまだ
2巡で指名したハンターですがキャッチ後に下がってしまいFD更新出来ずというルーキーらしいミスがありました。サイドラインに戻った後OCのロゲインズに怒られてましたがしょうがないですね。幸いWRはブリット、ライト、ワシントンといるので焦らず成長してくれればと思います。


・ディフェンス

・パスラッシュ上々の出来
いろいろ選手が加入したDLですが先発メンバーにピトアトゥアが入っていました。ウィンブリーは控えに降格…?宣言通りモーガンはLEだけでなくREでもプレイ、PFFではラン守備1.5、パスラッシュ1.2の評価でした。この日一番目立っていたのはDTクルー、キャンプではDEをプレイしてたみたいですがこの試合は今まで通りDTでの出場で中からガンガンプレッシャーをかけラン守備1.5、パスラッシュ2.7で守備選手で一番数値が高かったです。ウィンブリーもパスラッシュでは良い動き、去年怪我で離脱したドーソンもプレッシャーを掛けていたので良いアピールが出来たのではないかなと。


・マッカーシー離脱でフォコウ先発
MLBのマッカーシーは怪我で出場せず、もうこの人のスペ体質には驚かなくなりました。来年1巡上位で指名されそうなスーパーMLBがいれば正直欲しいです。代わりのフォコウですがしっかり周りに指示を出し役目をこなしていました。エアーズはDEに入ってのパスラッシュがありましたがパスカバーでやられるシーンが、去年もパスカバーで苦労してましたが今年もダメそうかなぁ…


・2番手CB争いはバーナー優勢か
プレビューでも書きましたが2番手CB争い、まずはバーナー先発でしたがPFFのパスカバー評価は0.7。タイトにカバーしてキャッチ直後のレシーバーの手からボールをかき出しパス成功と判定されましたがレビューで失敗に覆るナイスプレーがありました。逆にキャンベルですが-1.6と酷い出来…セカンドチーム相手にパスをバンバン取られていたのでこれはダメだと思いました。試合全体でもそうだったんですが明言していたぴったり付くマンカバーはあまり見れませんでしたね、以前のような守備でした。もう勝負はついてると思うんですが次戦はキャンベル先発予定、3戦目前には先発メンバーを決めたいというような発言があったので実質最後のアピールの場になるでしょう。


・スペシャルチーム

・キックオフでタッチバック連発のボナニ
ビロナスが怪我の影響で休んでる中、代わりのKボナニがキックオフを担当してたんですがこいつがまたパワーがある。スタンド付近まで吹っ飛ばすキックオフを見せてくれました。ビロナスが歳の影響か年々飛距離が衰えているのであのキックオフは魅力的、惜しまれるのはFG蹴る機会が無かったこと。最後のドライブどうにかFG圏内まで進んでクラッチキックがどうなるか見たかったんですがね…


いろいろ書きましたが一番の不安はロッカー、何度も言いますがこの人がダメだとまずPOに行くことは無理です。シーズン途中でフィッツに代わることがあればその時はすでにPO戦線から脱落してるはずです。指名したフロント、コーチ達にとっても今年がラストチャンスだろうし死に物狂いで頑張って欲しいです。

リターナーとして復帰したマリアニですが肩の怪我で少し離脱する模様、せっかく戻ってきたのに残念…
スポンサーサイト

コメント

No title

金払ってないですが
これ見ると
https://www.profootballfocus.com/blog/2013/08/10/refo-redskins-at-titans/

-1.6ってBlidi Wreh-Wilsonの方じゃないですか?
PFFで-1.6だとちょっと悪い程度だと思います。
Velascoの-5.4まで行くと酷いですけど。

No title

コメントありがとうございます。
プレミアムスタッツではキャンベル、レーウィルソン共にパスカバーは-1.6です。

PFFで赤く表示される数値は-1.1からなんですが赤い数値=悪い出来という認識でした。-1.6だとどのくらいの評価になるんでしょうね…ちなみに今回の試合でパスカバー最低の数値はこの二人でした。

レーウィルソンはルーキーなのでともかくキャンベルにはもう少し頑張って欲しいですね。

No title

それはすいませんでした
この試合に限ってだと-5行く位の感覚でした。

カバーじゃなくてトータルの数字になっちゃいますけど
去年と比較すると良いかと
https://www.profootballfocus.com/blog/2013/01/01/free-agent-cornerbacks/
Cary Williamsで-1.7なんで、
-1.6だと数字的にはそこまで悪くないですね

PFFの数字って見てる感覚にすごく近いんですけど
Stevensのブロックなんかは低いんで、
その辺はうまく取れてない気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/66-de3ece27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。