2013-08-29

プレシーズンWeek3 VS ATL レビュー

プレシーズンの中でファーストチームの出番が一番多くレギュラーシーズンへの仕上がり具合を見る第3戦ですが結果は16-27で勝利、ファーストチーム同士のマッチアップではATLにTDを許さないなど守備の改善が多少見られる収穫のあった試合だと思います。今回も攻守で気になった点をいくつか。



・オフェンス

・ロッカーはパス好調で開幕戦に向けて順調な仕上がり
この試合の前までTDパスが無くやきもきしていましたが最初のドライブでスクランブル中にファンブルロストをしてしまった以降は要所でパスを通しやっとTDパスを記録、13回中11回成功133ヤード1TDでINT無しと文句無しの出来でした。プレッシャーがかかると大人しくサックを受ける場面がそこそこあるんですがいつだかのコリンズみたいに無茶投げ→INTの最悪コンボよりは全然マシなのでロッカーにはとにかくINTされない事を一番に考えてこれからも好プレーを見せて欲しいものです。

・WRプレストン2戦連続TDでロースター入り確定か
2戦目に活躍したプレストンですがこの試合も大活躍、フィッツから56ヤードのパスを受けたりエンドゾーンではダイビングしてTDパスをキャッチするなど3回68ヤード1TDの大活躍。昨年PS入りして終盤に少し出番があった程度ですが今年はしっかりアピール出来てます、6-5とチームで1番の長身レシーバーですし残さない手は無いでしょう。ここまで活躍してしまうとPSで残すのは無理な気がします。比較的層の厚いポジションですがレギュラーシーズンでも活躍する所を見たいですね。


・ディフェンス

・ライアンへプレッシャーをかけ続けた守備陣
最初のドライブはなかなかDLがプレッシャーをかけれず自陣深くでなんとかブリッツの力を借りてサックし、FGに抑えたんですが以降DLが猛烈にライアンへプレッシャーをかけ続け結局ファーストチームにTDを許すことはありませんでした。特に目立っていたのが1.5サックを記録したDTケイシー、2戦目といい去年まで比較的苦手だったパスラッシュで目立つようになりましたね、ラン守備はリーグ有数の選手だと思うのでパスラッシュまでうまくなれば本当に文句無しの選手になります。モーガンも2試合連続でサック、やっぱりREにセットしてる時より本来のLEの方が活き活きしてる気がするのは気のせいですかね…

・バーナー、フリオに惨敗
この試合先発だったCBバーナーですが相手レシーバーのフリオ・ジョーンズに完敗しました。体格に差がありフィジカルも強いフリオにバーナーは抜かれたり反則を連発したり…まぁフリオを完璧に抑えれるCBなんてそういないですが先発争いしてる中でこれはちょっと評価が下がるかもしれません。ただ現時点でまだHCはバーナー、キャンベルどちらを先発に指名するか明言はしていません。


先日最初のロースターカットが発生し何人もの選手が解雇されました。ドラフト外の選手ばかりなのでここには書きませんが控えKのボナニが解雇されたのは少し残念、あのキックオフのパワーはビロナスには無いものだったんですが3戦目に50ヤード台を含む2本のFGを決めたビロナスを見て解雇はしょうがないかと思いました。

明日から家を空けるので4戦目プレビューは書きませんがスターター級はほとんど出番が無さそうです。ロースター当落線上の選手の最後のアピールの場になりますのでそこを中心に見てみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/70-f99665ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground