2013-09-20

Week2 VS HOU レビュー

FC2にログイン出来ずプレビューが書けませんでした、さて同地区ライバルのHOUとの試合ですが結果は24-30で敗戦。勝てない試合じゃなかっただけにこの敗戦は悔しいです。



・ディフェンス

・苦手QBショーブに奮戦
ディフェンスは30点取られてますが頑張った方だと思います。最後の最後で力尽きましたが2INT奪ってますしショーブにプレッシャーをかけれていたんじゃないかなと。しかし相手のルーキーWRホプキンスは良い選手ですね、ものすごい集中力で大事な場面ではしっかりキャッチしていました。マコーティ、バーナー共にパスカバーは頑張っていた(PFFでもプラス評価)んですがホプキンスがそれ以上に良かったですね、AJの逆サイドに彼が出てきたのは今後頭を悩ませることになりそうです…

・バーナー好調
上でも書きましたがバーナーのパスカバーが冴えています。プレシーズンでキャンベルと先発争いをしていた時は不安定なプレーが多かったんですがレギュラーシーズンに入ってからは良いプレーを見せています。ラッキーな形でですがINTリターンTDも見せましたしマコーティと共に好調の守備を支えてくれている選手だと思います。

・ラン守備
この試合はテイト&フォースターのコンビに走られまくったんですが巨漢DTのヒルがいなかったとはいえさすがにやられ過ぎました。PFFの評価を見るとLBフォコウがラン守備で-4.1、モーガンが-3.6と中々に酷い数値。PIT戦では良かったんですがね~ここは要改善。


・オフェンス

・単調なオフェンス
この試合で一番文句を言いたいのはここ。守備が相手を抑える→ボールをもらうも即パントの流れを何回見たか。最初の2回でラン(あまりゲイン出来ない)、3rdダウンでパス失敗とお決まりのパターンと化してました。開き直ってガン隊形からパスを投げればいいのにと思ったんですが実際それをやってTDを取れたりしました。もう少し臨機応変な対応をロゲインズOCには見せてもらいたいです。

・ロッカー
30回中17回成功148ヤード2TD0INTとスタッツだけ見たら良くやったと思うかもしれませんがTDを取ったドライブ以外はボロボロでした。味方の反則に足を引っ張られた部分もありますがもう少しディープに投げ込むシーンが見たいです、一番がっかりしたのは4Qに同点に追い付かれた後のドライブで3rd&1、スラントでフリーのブリットに投げた球がブリットの上、キャッチしろと言うには厳しすぎるパスを投げて失敗に終わったシーンでした。後ろがブリッツに来ていたので通ればもしかしたらロングゲインになっていたかもしれないプレー、あのショートパスをまともに通せないQBに価値があるんですかね…

・ウォーマック
注目のワットとのマッチアップは完敗でした、再三プレッシャーを許しサックも決められましたがまだルーキーですしこれから学んで成長してくれればそれで良しです。


地区優勝候補のHOUとOTにもつれるまで戦えたのは下馬評以上じゃないでしょうか?特に昨年酷かった守備が明らかに改善されてるのは嬉しい限りです。問題は今回みたいな点の取り合いになった時、ランが出ない時はやっぱりロッカーのパスに頼らざるを得ないこと、彼が成長しない限りTENは1つ上に行けません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/75-828779d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground