2014-03-07

フランチャイズタグ使用せず&再契約ラッシュ

FA解禁までもう少し、チームはどの選手に狙いを定めているんでしょうか。



フランチャイズタグの使用期限が締め切られTENはどの選手にも貼りませんでした。貼るならCBバーナーと予想されていましたがこれでバーナーはチームからの流出がほぼ確定的に。FA解禁は現地11日からですがその少し前から代理人との接触は出来るそうなので解禁と同時にどこかのチームと大型契約の一報が飛び込んで来ると思います、有力な移籍先としてはフィッシャーや前DCのグレッグ・ウィリアムズのいるSTLが挙げられていますがどうなるでしょうか、とにかく同地区以外ならどこでもいいやというのが自分の考えです。


そして市場解禁前に自チームからのFA選手との再契約ラッシュがありました。まずはRBバトルと1年契約、グリーンが怪我をした時に2番手RBとして出番がそこそこあり36回142ヤード1TDの成績でした。パワータイプのRBでグリーンともろ被りなんですがチームは再契約を望んだみたいです。これでRB陣はCJ、グリーン、バトルと去年と同じメンバーですがCJは14シーズンもいるのか不透明な状況、カットも有り得るので今後の情報を待ちましょう。


13シーズンオフにBALから1年契約で加入したSSポラードとも再契約、こちらは2年で6.3Mだそうです。昨シーズンは守備のキャプテンとして存在感を見せてましたし再契約は嬉しい限り、ホートンのアグレッシブな守備にも合うんじゃないですかね、今年はボックスに入るシーンも増えそうです。心配なのはアグレッシブ過ぎて無用な反則が多いこと、それさえ無ければ文句無しなんですが…


最後にDEのピトアトゥアと3年9.6Mの契約を結びました。13シーズンはウィンブリーに代わり先発を務め、パスラッシュは良いとは言えませんがラン守備では力を発揮していました。6-8に300ポンド近い体重、以前のチームでも3-4の経験はありますし14シーズンも一定数の出番はあるでしょう、ホートン守備はDLをローテさせるみたいですが一応先発はNTにヒル、DEにピトアトゥアとケイシーという感じになるかもしれません。


FA解禁間近なので自チームからの再契約はいったん終わりで解禁までは動きが無いかもしれません。気になるのはリターナー経験者のワシントン、マリアニとの再契約が無いこと。ドラフトでリターナーを取るのか別の人をFAから連れてくるのか気になります。


CLEから解雇されたMLBジャクソンがTENを訪問していたのですが結局INDと契約に、ホートン守備を知る人物で人柄も抜群、何より手薄なMLBの穴を埋めれるというので来てくれたら嬉しいなと思っていたんですが残念…。
FAでの最重要ターゲットはARIのダンスビーで決まりでしょう、今年で33歳になるのでそこは不安ですがHCウィゼンハントとはARIで同じだった仲、なんとしてもMLBの穴埋めをしなければいけないのでどうにか連れてきて欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://titanssackmania.blog.fc2.com/tb.php/81-afe2e191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) TITANS SACK MANIA. All rights reserved. Template by Underground